レーザージョブ株式会社
レーザソリューション レーザ加工事例紹介 メディア掲載情報

レーザのメリット・特性

レーザ加工の可能性を追求します

レーザ加工は、従来工法では加工が難しい材料、加工が難しい形状に対応できます。
また、様々なサイズの加工に加工条件の変更だけで対応できるため、試作・少量多品種生産から量産まで幅広い加工技術としてその可能性が期待されています。
ここに弊社のレーザ加工技術の一例を紹介いたします。

レーザ加工のメリット
非接触加工マイクロクラックなどの接触加工の限界を超えることができます。
自由曲線加工、深さ制御加工、高アスペクト比加工が可能です。
ドライプロセス潤滑油などを使わずに加工ができるため、加工対応に制約がありません。
廃液処理が必要ないため、環境に優しいプロセスです。
超微細加工 レーザ加工は微細加工に適しています。短波長、短パルス化により、数μmレベルの加工を実現します。高精度にファインピッチ加工が可能です。
極低熱加工レーザは熱加工プロセスですが、短波長、短パルス化により材料への熱影響を限りなくゼロに近づけ、高品質加工を実現します。
ページトップへ
レーザージョブ株式会社